シバくで!!ドSは止まらない!?【権威者の指示】によるお仕置き

シェアする

皆様いかがお過ごしでしょうか。まなん□です。

余談ですが私は若い頃、ドS、または性別問わずイケる方と勘違いされる事が多々ありました。見た目が派手でしたし、サバサバした性格なので中性的なイメージがあったのかもしれませんね。たまにいましたよ、シバかれたいって男性ね。

SNSで浮気発見

『権威者の指示』実験者と被験者

電流おしおき実験

1960 年代にアメリカで行われた心理学実験の話が興味深かったので記事にしてみようと思います。解りやすく言うと、「偉そうな権威者を目の前にした時、嫌な命令であっても大半の人が従う」という実験のお話です。

さて、その実験内容を簡単に説明しましょう。これはスタンレー・ミルグラム(イェール大学教授)という方が行った実験なのですが、先ず被験者となる、「学習者役」と「教師役」を互いに見えない別々の部屋へ置く。

学習者役は椅子に座らされ、手首には電極が繋がれる。(電極に繋ぐ所は教師役に見せている) 教師役は別室で簡単な単語の組み合わせ問題を学習者役に出す。間違えれば教師役は電流を流す。そして間違える度に教師役は流す電流を強くする。こういう仕組みです。エキサイティンッ!!

実験の目的

電流スイッチには「軽めのショック」から「深刻なショック」まで段階によって名前もつけられており、流す電流が強くなるにつれ、別室の学習者役の叫び声や、「止めてくれぇぇ!!」といった懇願の声が聞こえてきます。

しかし!!実は学習者役は実験者の雇った役者であり、全て叫び声は演技なんですね〜。この実験の真の被験者は教師役なのですぅゥハハ!びっくりやろゥハハハ!

条件反射のアホ心理

白衣の権威者

もうこの実験、ドSなんだかドMなんだかさっぱりわからなくなってきています。教師役の被験者も、6割強が戸惑いながらもすぐ隣で「どうぞ続けて下さい」という白衣を着た実験者(権威者)の指示に逆らえず、最高レベル「深刻なレベルのショック」まで電流を流し続けてしまいます。ヤッてるのか!?ヤラれてるのか!?

また、自らスイッチに触れずに出題だけさせる実験では罪悪感が薄れるのか、最高レベル到達者はなんと9割超えしちゃいましたとさ。

さらに興味深いのは、実験者が白衣を脱いだ状態で現れ指示を出したところ、最高まで電流を流した被験者は2割にまで減少したと言うのです。

パブロフの犬

白衣=権威者(偉そうな人)。私服=自分達と変わらない人。

今までに情報として持っているイメージで従う従わないを判断してしまうという人間の頭の悪さよ……ベルを鳴らしたらよだれを垂らす犬とさほど変わらないですね。職場で条件反射的にアホ上司に従う人を見かけたら「パブロフの犬か!!」って突っ込みましょうか。知的ナウイね。

通常の実験で服従しなかった3割強の被験者も、状況次第で自己責任が軽減されるのであれば、その気持ちも揺らぐという可能性も大ということか……私たちは生まれながらにして罪人ですな。

知識は知恵になる『強い責任感は正しい自信から』

正しい教育を受けた電気技師

しかぁし捨てたもんじゃぁない。服従しなかった少数派の1人に電気技師がいました。彼は高等な教育を受け、知識と正しい自信を持っています。

実験者に対しても、権威者という見方ではなく、自分と同等の位置付けの人間であるという見方が出来るため、ビクつき要素ゼロで対処します。カッケー。

最初は弱い電流を流しましたが、強度の高い電流を流さなければならなくなった時点で、事の危険性を白衣の実験者に説明し、はっきりと拒否します。そして実験者からの、これまでに電流を流した責任は誰にあるかとの問いに、実験者ではなく「私に全責任があります。」と言ったのです……ワーォ。

自分の行動に責任を持つとは

この実験結果から、状況にはよるが自分で事の良し悪しがある程度判断でき、むやみに権威に服従しないというスタンスで生きている人間は3割強だという事がわかります。

葛藤に苦しむかもしれないが、己の下した選択に責任を持つ覚悟がある人の割合。むしろ単純に己が何してるか何言ってるかわかってる人の割合w

常識について正論ぽく語る人ほど何もわかってなかったりしますからね。

まとめ

最初にも言いましたが、この実験アメリカで行われてるんですよ。どうなるんでしょうね日本人の場合だと。国民性として権威に従う、逆らえない人間の割合は増えるのでしょうか。それとも罪悪感にめっぽう弱いところが発揮されて電流を流せない人の割合の方が多いんでしょうか。

ま、一番怖いのは自ら手を下さない時との差ですよね。

こちらの本を参考にしましたよ↓

↓あなたの応援、励みになってます!!↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク