【原因と結果の法則】原因作ったら結果がついてくる事知ってます?

シェアする

皆様いかがお過ごしでしょうか。まなん□です。

私ですね、今はアラフォー熟女なんですけど、18歳から10年以上キャバ嬢やってましてですね、20歳になる頃にはかなりの額稼いじゃってたのですよ。で、30歳を目前に、当時付き合っていた方との事もありまして引退したのですが、早々に路頭に迷ってしまいまして。驚くことに月収はほぼ使い切る形の生活スタイルでしたし、水商売以外出来る事なんて……ナイんです!!

お金ナーイ、なんもできナーイ。

こりゃ困った。

SNSで浮気発見

求めよ、さらば与えられん

ノウミソヲツカエ

30歳目前にしてほぼ初めてお昼の仕事に就いた訳です。何ができるかなんて思いつかない。最低賃金のアルバイト、高級マンションから一転ボロアパート暮らしです。もうどうして良いものやらわかりません。今となっては全く理解できませんが、毎日イライラできました。スゴイw

「どうしてこうなったんだろう!完全に間違った!こんなハズじゃぁうぅ …… 金持ち捕まえとけば良かった……。」色々後悔しましたが後の祭りです。当時ひたすら通勤中、電車の中でインターネット検索していました。お金が欲しい、幸せになりたい

方法はあるハズだ。

発想の転換

結論から言いまして、今現在私は幸せです。お金は今のところあるとはいえませんが、どうせ私の人生なんて……なんて落ちる事はありませんし、「キャバ嬢だったから稼げた」という考えから、何年もかかりましたが「自分は本来それだけのお金を手にする価値がある人間なのだ」という思考回路に変化しています。

この考え方の差ってあまりにデカくて、前者は、もはや消滅した過去の栄光に延々と浸りながら無駄に孤独に人生を終えるパターン。思考停止してますし、今を生きてはいないですよね。

一方後者は環境が変わっただけだという事に気付きます。自分自身が変わった訳では無いのです。そして、その状況で自分の力を発揮するにはどうしたら良いのか思考しています。自分を信じる事ができています。実に建設的。

協調性を持って謙虚に生きる

思考停止

キャバ嬢時代はハッキリ言って個人プレー。作戦は自分で練りますし、それが当たればお金になって帰ってきます。勿論仲間との連携で生まれた収益も莫大なもの。類は友を呼ぶ、デキる人間は自然と集まって、そこにお金も流れ込むようになっているものです

本当に悩みました。夜と昼の世界では、あまりに自分と周りの常識が違いすぎるのです。昼働き出して、一生懸命周りに合わせ続け、自分を押し殺して過ごした結果、激病みしましたwそして自分は自己中心的で、世間知らずな社会不適合者だと思い込むようになったのです。

自分の思考キャパはものすごく狭い

そんな頃ですね、私は本を読むようになったんです。とにかく救いを求めて自己啓発とか哲学書あたりを。本なんて読んだことありませんでしたから衝撃を受けましたよ。どんな世界に住んでいるのかよくわからず過ごしてきた人間にとって、根本的な自然法則を知るという事は『今日から全く新しい世界で生きていく』のと同じ事。覚醒しましたね。

その上、本だけはいつも「お前は間違っていない」と言ってくれるんです。コレ超重要。自分がスゴイなって思ってる人の書いた本を読んでみるべきです。その考え方に共感できて、尚且つ自分の今の現状に不満を感じているようなら、今のあなたの常識は間違っているのかも。自分の狭い世界の常識が通用するのは手の届く範囲にいる、個々の見分けもつかないその他大勢にだけ。その他大勢と同じ人生を歩みたくなければ……無駄な謙虚さと協調性は捨てた方が無難です。

全ては自分が作り出している

原因と結果の法則

人間は思いの主人であり、人格の制作者であり、環境と運命の設計者である

原因と結果の法則16頁より引用

今日は、病み気味、もしくは劇的にやる気が欲しいあなたにこの一冊という事で、原因と結果の法則という本を紹介させてください。この原因と結果の法則という本、私が病み全盛期に読んで、アドレナリンでブッ飛んだ激書(造語)なんですが、一世紀以上前スよ、1902 年に、謎の哲学者ジェームズ・アレンが書いた本なんですね〜。今も尚売れ続けているロングセラー哲学書、自己啓発書です。

彼が執筆活動を始めたのは38 歳から他界する1912年までのわずか9年間。にもかかわらず今日のこの本の衰えを知らない存在感たるや……人生の入門書です、ハイ。

現代成功哲学の祖、デール・カーネギーアール・ナイチンゲール等の錚々たる面々が、彼らの成功理論を補強する目的で、原因と結果の法則の内容を引用しています。私3回位読みました。理解度によって解釈も変わってくるところが面白い。

−自分の現実は自分が作り出している−ここ理解できるようになるとゲーム感覚になってきます。人生そのものが。

自分を知的に利用する

私達の思いは、目標と「勇敢」に結びついたとき、創造のパワーになります。この事実を「知る」人間は、絶えず揺れ動く思いや感情の塊などよりもはるかに高いレベルの、はるかに強い何かになるための準備を、しっかりと整えた人間です。そして、この知識を「実行に移す」ことで、人間は、自分の心のパワーを、意識的、知的に利用しはじめることになります。

原因と結果の法則58頁より引用

小難しく聞こえますが、本書を読み進め、理解するとMAX盛り上がる箇所。ある程度ブレなく自分を保つ事ができるようになるとおかしな感情とか無くなりますよ。客観的に自分を操作できない人間は……普通に損します。

まとめ

そんなこんなで前半の前置き超長くなってしまったのですが、割と思い入れ深い本なんでね。是非とも機会があれば目を通していただきたい良書です。割とササっと読み切れちゃうボリュームですしね。どんな状況でも正しい考え方さえできればフフ〜ン♪と鼻歌交じりで生きてけちゃいますwメンタル強化しちゃってください。

↓あなたの応援、励みになってます!!↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク