【痙攣性発声障害】ボトックス注射弾丸ツアー①

シェアする

こんにちわ、まなんです。久々の更新となりますが、ちょっとブログ内容をじわじわと変更して行こうと思っておりまして。

今までのダイエットブログから、日々の雑記や備忘録、そして以前記事にもしましたが、私の抱えている病気、「痙攣性発声障害」について主に書いて行こうと思っています。

ちょっと小銭を稼ぎたいという思いから始めたダイエットブログだったのですが、やはり意欲が伴っていないと消耗が半端ないので、自然な雑記でゆる〜く運営していきますw

保険コネクト

痙攣性発声障害という病気

私、北海道札幌市在住なんですが、ま、この記事ではザックリと書きますが、2009年に川崎の病院で痙攣性発声障害の手術(チタンブリッジを用いた「甲状軟骨形成術2型」)を受けておりまして。

それまで原因不明のまま1年以上発声困難だった私が、ほぼ以前と変わらないレベルで会話できる程回復した訳です。※個人差があるようです。

ですが、昨年転職しまして、かなり電話応対多発な職場で働き始めたのですが、今月に入ってからですかね~、詰まりが酷くなってしまいまして。先週今週と、職場では事情を話しまして事務仕事のみで勘弁して頂いてですね。

ついに有給を使って東京へ日帰りボトックス注射弾丸ツアーへ旅立った、という訳です(治療としてはボトックス注射(ボツリヌス毒素(ボツリヌムトキシン)の注射)が一般的です)。

発声障害は理解が難しい病気

ちょうど、先日LINDBERGボーカル・渡瀬マキさんが、「機能性発声障害」とのニュースをTVで拝見しましたが、病名は違えど声が詰まる苦しさは同じです。

同病でアナウンサーを辞めざるを得なかったという男性の方がインタビューに答えてらっしゃって、「周りに理解して貰うのが難しい病気、緊張してるの ? 等言われ続けてメンタルもやられていった」って仰ってましたけど……わかる ! 緊張するから声が詰まるんじゃないんですよね。詰まるから次の発声が怖くて緊張するんですよ。

この病気って、重症度は低いけれども日常生活には(特に仕事には ! )超支障がある病気。ある意味メンタル強くなければ付き合っていけません 。自己啓発本とか超読みました。

伝わらない苦悩

私の場合は手術でかなり回復しましたから、有難い事に日常生活には全く支障はなく過ごせていました。でも、コンビニのレジの方に「ありがとう」とかいう時にたまに詰まったりしていました。スーパーのレジで「WAONで」とかw

そして、やはり接客業や電話応対の仕事をしだすと、数ヶ月経過したところで「詰まり」がひょっこりはん。

「実は病気で」なんて言っても「え ? 今までできてたじゃん ! 気にしすぎ、大丈夫だって。 」……。イマイチ症状や辛さは伝わりません。まぁそんなの慣れたもんですけどね。

わかってもらえない……辛い……ってモードに転落するのだけは意識的に避けないと、どんどん暗い気持ちになります。容易にドツボにハマれます。

メンタルを強化する為には本がオススメです。本を読むのが好きではない方は困難から這い上がる系の映画でも観て涙を流しましょう。泣くとストレス発散になります。マジで。

ボトックス注射

さて、冒頭にも記した通り、今回の記事から数回に分けて、症状に悩んでいる方の為に、ボトックス注射と、北海道から旅立った私ならではの感想なんかを書いて行こうと思います。

ちなみに私が今回施術を行ったのは新宿ボイスクリニックという所です。痙攣性発声障害の方なら名前を聞いた事もあるんじゃないかな?渡嘉敷先生のクリニックです。

仕事を失う訳にはいかないから

ちょいと私が今回ボトックスをやろうと思ったきっかけを書いて行こうと思うのですが、今月に入り、喉の詰まりが仕事に支障をきたす様になり始めた為、私が初めて痙攣性発声障害だと診断された、北海道医療大学へ相談に行ったんですね。なんなら再手術も視野に入れてたし。

そしたら先生に、「私レベルに回復してる人に手術は進めない、1年位するとボトックスが保険適用になるから北大で治療出来る様になるかも知れないから」って言われてですね。←コレほぼほぼ確定みたいなんで、実際そうなったら嬉しいですね~!

……でも。

1年待つって無理じゃないですか。私は派遣社員として働いているんですが、「喋れるか喋れないか」の違いって、時給にかなりの差が出る様に思います。私の様な特別なスキルを持っている訳でもない人間にとっては、という話ですが。今の仕事を失うのは家計にとってかなりの痛手なのです。

努力次第と言われてしまえばそれまでなんですけど、いきなり原因不明の病気になって、特に難病指定されている訳でもなく、何にも頼る訳には行かないとなると結構路頭に迷います。

北海道からの旅費と、注射が現在は保険適用外で32,400円の出費を考えると多少迷いましたが、今の仕事を失うよりはマシ。旦那の後押しもあり、東京行きを決断しました。

ちなみにこんな時に限って旦那の職場の経営者が給料未払いでトンズラこいたりします←ホンマこれw

どんだけぇ~~ !  ! 

という訳で、次回はお注射体験談といきたいと思います。

バイナラ☆

↓あなたの応援、励みになってます!!↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク