【痙攣性発声障害】ボトックス注射弾丸ツアー④

シェアする




こんにちわ、まなんです。痙攣性発声障害の治療で北海道から日帰りで東京を訪れた私。順調かと思われた旅は、帰りの飛行機に乗り遅れるという最悪の展開へ。ボトックス注射初日で喋る事が出来ない私ならではのレアな体験談をドゾー。・゚・(ノД`)・゚・。






野宿IN成田空港

空港行きの列車

高速バスに乗り遅れ、成田行きの列車に乗り込んだ私は、一息ついてスマホを取り出しました。一体全体この列車は、何時に成田空港へ到着するのだろう……私は高速バスに乗り遅れた後、大急ぎで直近の成田行きに乗車したものですから、列車の停車場所や到着時間等、詳細は全く把握していません。

車内は大勢の人で混雑しており、大きいスーツケースを持った外国人観光客の姿もチラホラ。座席に座るのは困難な様子でした。

「混み混みじゃん ……金曜だしな。出張で東京に来たリーマンズも最終の飛行機で地元へ帰ったりするのかな……1時間立ちっぱなしなんてキツイな。」

なんて考えながら検索していると、今私の乗っている列車の情報が表示されているサイトに辿り着きました。

え、成田着20:17……私の予約した飛行機……20:15 !! 

はいアウトー !! 

しばらく呆然としました。途中の駅で会社員たちが続々と降車して行きます。単なる家路に着く、毎日の通勤で使う列車だったようです。その頃気付きましたがこの列車、バリバリ各駅停車です。

成田から空港ターミナルまでには乗換えが必要

おそらく、これから国内線を利用する目的でこの列車に乗っている人間は、ほぼいないのでしょう。

無知な私は、成田から更に乗り換えで、成田空港ターミナル行きに乗り換えの必要がある事すら知りませんでした。

完全に諦めましたよね。空港第2ターミナル着は20:30だそうな。新千歳行きの便の乗客達は、東京の素晴らしい夜景を見下ろし、ため息をついている頃でしょう。

「私のせいで若干の遅れが出たりしてたらスイマセンね……連絡するにも声出ねース」、と若干やさぐれ始めました。

ターミナル行きに乗り換えた時、同じ車両には男女数名のヤングコリア達と私のみになっていました。車両に乗客が私以外いない為でしょう、ヤング達は自由に振舞い始めました。

スマホスピーカーからはK-POP。音量全開。私は到着まで「無」に近い心の状態で列車に揺られ続けました。完全に据わった目でヤング達を眺めていました……。

新千歳空港で帰りを待ってくれていた夫にLINEで事情を説明。明日帰る事を伝えたところで、スマホの充電が生き絶えました。

まさかスマホだってそんなに使用する場面は無いと踏んでいたし、充電しなければならなくなる可能性は無いに等しいと思っていました。

あーもう……なんて日だ !! 

空港で人の優しさに触れる

とりあえずターミナルに到着した私は、インフォカウンターのお姉さんにジェスチャーで「紙とペンください」的な事を伝え、事情を説明しました。

そう言った場合の対策は ? 登場予定の便は最終だったけど、バニラ・エアは今対応してくれるのでしょうか ?聞きたい事がいっぱいです。

何かあったらスマホで文字を書けば良いと思っていたけど、充電切れという事もありましたが、手軽さではやはり筆談が上回ります。筆記用具の用意も必要でした( TДT)うぅ。

お姉さんの説明によると、バニラ・エアのカウンターにはまだ人がいるようです。とりあえず第3ターミナルへ行ってみて下さいと案内してくれました。

メモ用紙数枚と自前のペンもくれました。

ありがとう、成田空港第2ターミナルのインフォカウンターのお姉さん !! 

ターミナル間の連絡シャトルに乗って第3ターミナルへ移動。バニラ・エアのカウンターには既に国際線の受付の方しかいませんでしたが、予め書いておいたメモと、もはや新千歳に飛び立った、乗るはずだった便の搭乗券を見せて事情を伝えました。そして無事に次の日の朝一の便をゲッツ。親身に相談に乗って頂きました。

そうそう、バニラ・エアのカウンターで相談に乗って頂いたお姉さんに、駄目元でiphoneの充電器無い ? って聞いたら、探してきて貸してくれた上に、穴場的な電源の場所まで教えてくれました。

カウンターでの予約より、WEBだと2,000円お得です。こうして割安に航空券の予約も出来ました。

なんだかハプニングではありましたが、人って優しいね、と感じられる1日でもありました。皆さん本当にありがとうございます。

私は外国人観光客

余談ですが、さすが空港です。とりあえす喋らないと100%外国人だと思われるようです。ガッツリ日本語のメモを見せても、何故か返ってくるのは英語ですw

声をかけたいけれど喋れないので、カウンターを「コンコン」やります。

振り返ると同時に「YES ? 」。

コンビニで買い物しても、言葉で反応できないから、笑顔、又は掌をピッと見せて「必要ありません」のジェスチャー。

コンビニ店員さんも、「必要ないレシートはこちらへ」と英語で。

ちょっとこの辺りで楽しくなって来ます。「今日、日本人じゃないって設定で過ごそうかな。」的なw

そんなこんなで、第2ターミナルウェイティングエリアという、空港泊する人用のエリアがある事も教えて頂いてたんですが、移動が面倒だった為、フードコート付近のソファで異国の方達と雑魚寝を即決w

もはや気分はバックパックひとつでフラッと旅に出た外国人。ダントツ身軽な装いで、アグラかいてコンビニ飯を食らえば旅慣れ感は抜群です。その頃には喉の違和感もだんだんと薄れ、グビグビとコーラが飲めるようにもなりました。

お腹いっぱい、充電も無事に終わり、明日の朝一フライトに向け就寝です。夜中に2回程頭を蹴られましたがマズマズ快適でした。

さようなら、ありがとう成田空港

朝になり、軽い朝食を済ませて、引き続き外国人ぶって充電器をカウンターへ返し、ついに私は新千歳行きの飛行機へと乗り込みました。

ありがとう、成田空港、ありがとう、助けてくれた人達 !! 

新千歳空港に着くと、ある意味巻き込まれた一番の被害者でもある旦那(結局千歳で帰りを待っていたけれども私が乗り遅れてしまった為帰宅→次の日の朝、再度札幌から千歳に迎えに来るハメに)が迎えに来てくれておりました。

「ズタボロだぜ」と、第一声スッカスカな声でただいまを言った私をケタケタ笑った後に、「ごめんね、昨日待ってる間に暇だからパチンコ行っちゃいました。」と、17,000円をくれました。

飛行機代だね、ありがとう。

こんな旅になる予定は微塵もなかったんですけど、ある意味良い経験だった気もします。アドベンチャー感であまり疲れもしなかったな……。

ホントにね……旅にはハプニングがつきものです。皆さんも、想定外な出来事には気をつけて下さいね~~ !! 

バイナラ☆

↓あなたの応援、励みになってます!!↓

この記事を書いた人

はじめまして。まなんです。
2009年に痙攣性発声障害という
病気を発症しました。
同じ病気の方の役に立てればと、病気についての記事を書いたりしています。
併せて必死に減量に取り組んでいます。
無残な現状はProfileに掲載。







シェアする

フォローする