【痙攣性発声障害】共通点は真面目、謙虚、忖度 ? 社会復帰は難しい

シェアする




こんにちわ、まなんです。ボトックス注射を受けてからはや16日が経過したのですが、ん~……まだ声は使い物にならないですねぇ。前にも書きましたが、私はチタンブリッジ手術を受けているので、そういったことも影響あるのかもしれませんが。因果関係は不明です。

痙攣性発声障害の治療でボトックス注射を受けてきました。今回の記事ではこの病気について、改めて私なりに思いを語ってみようと思います。次回は感想と経過です♪






ボトックス注射後の仕事復帰

とりあえず有給は使い果たしてしまったので、仕事には復帰させて頂いたのですが、ひたすら事務仕事を黙々と続ける感じで、会社からは「電話応対はしなくて良い」という対応をして頂いています。有難い。

冒頭でも述べたとおり、今私は電話応対などの業務はしなくて良いことになっているのですが、なんだかこういう感じってモヤモヤするもんです。

痙攣性発声障害になりやすい人の性格

よく痙攣性発声障害になりやすい性格の人ということで、「真面目な人」「責任感が強い人」などと言われることが多いのですが、自分で言うのも何ですが、私バカ真面目な人間だと思います。

自分の失敗が許せなくて自分を責めてしまったり、自分の業務の範囲以外のことも知っておかなければが理解が深まらないのではないかと考えて「そこまで知ろうとする必要はない」なんて言われることも多々あります。

同じ病気の人がこの記事にたどり着くことがあったら「わかるっ !! 」ってなるのかしら。

んで、「完璧主義は結局身を滅ぼす」的な主張の本と「完璧主義で何が悪い」的な本を読み比べて、自分が推奨すべき主張はどっちなんだ !! どっちのマインドで生きて行くべきなんだ !! みたいな葛藤で割と無駄に時間を費やしたりします。

リアルに「トホホ」と言いたくなります。

職場でのルールは真面目、謙虚、忖度

職場では、得意の忖度で「私は決して主張の強い人間ではないですよ、能力が低いわたくしめ、皆様を尊敬してやみません」と、そういうスタンスで過ごしています。結局そういう風に振る舞う人間って絶対嫌われないんですよね。無難に目立たず生きていけるというか……もはや存在自体が謙虚。私は貝になりたい。

本当は、会社での人とのコミュニケーションって恐ろしく面倒です。芸能界ゴシップネタについて我が事のように興奮して喋る熱さも無いし、よくわからない上司の主張に異議を唱えても何にもならないって思ってしまいます。「えー、凄い、さっすがですね !! 」と笑顔で言う努力を惜しまなければ、ある程度力にもなってくれますから波風立てずにお得です。

キャラ作りは大変

しかし、コミュ力高めで腰が低い、コレ、本来の性格ではなく「そう振る舞っている」場合、害がない人間でいられることと引き換えに、何か見えない大切なものを消耗しますからww、非常に疲れると言うのが事実です。

でもこの性格、なかなか治るもんじゃないんです。職場へ行くとオートマティックに切り替わるもんですから制御できまへん。

社会復帰は難しい

今回社会復帰するにあたり「このキャラ(もしくは痙攣性発声障害という病気自体)も損だよな」と感じざるを得なかった出来事がありました。本人の辛さはあまり周りからはわかってもらえないことが多いです。

特別な扱いはズルい ?

復帰した私がまだ全然喋ることができなかったことから、その日の朝、上司から「まなんさんがまだ喋ることができない状態なので、電話連絡必要になったりした時フォローお願いね」的な説明があったのですが、「えー !! こっちも忙しいんですけど !! 〇〇さん(上司の名前)やってあげればいいじゃないですかー」という、私的には度肝を抜かれる発言がお姉様達から飛び出しました。

本当に痙攣性発声障害って、重症度は低いけれど社会生活に超影響のある病気。本人にしかこの独特な症状(詰まり)はわからないのです。「私もカラオケとか1曲目で声枯れるよ」的な励ましをよく受けますw

わかるけどさ、事情が事情じゃん。やっぱそういう発言て、完全に人を見て発する訳だと思うんで、「コイツならそれくらい言ってもいいや」って判断をしたんだろうと思うんですが、とりあえず私も「スイマセン、ご迷惑おかけします」なんて何回も言わなきゃならない始末。 

「ちーがーうだーろ、違うだろ !! 」と心の中で円周率回言いましたわ。

仕方ないけどね。悪気があって言っている訳ではないだろうし、正直なだけなんだろう。そんな風に自由に生きていけたら病気とも無縁なのかも。

自分に合った生き方とは

何だか素敵なオフィスで働きたいとか社会人として「まともな人」として見られたいなんて考えで、超低学歴の私なんぞが鼻息荒く頑張ってきましたが、なんとなく今は「田舎で自然と共に生きていきたい」的な癒しを求める感情に侵食されつつここ数日を過ごしています。

今後の生活をどうして行くべきか、枝分かれするどの道を選択すべきか、仕事の傍ら必死に考えている私をよそに呑気に構えている旦那を見ると、またもや度肝を抜かれます。

「本当のグリム童話の「アリとキリギリス」を知ってるか ? アリは夏の間遊び呆けて冬場に食べ物がなく困っているキリギリスを涼しい顔で見殺しにしたんだからな 。助けてやったなんて話は作り話だ」

というホラーな忠告をしたりする私は心の状態がやや不安定というべきか。こういう性格が災いしてんだろな〜……。※今旦那は訳あって失業中w

結局結構元気ですけどね♪

早く通常業務ができる状態になることを望んでいます。

バイナラ☆

↓あなたの応援、励みになってます!!↓

この記事を書いた人

はじめまして。まなんです。
2009年に痙攣性発声障害という
病気を発症しました。
同じ病気の方の役に立てればと、病気についての記事を書いたりしています。
併せて必死に減量に取り組んでいます。
無残な現状はProfileに掲載。







シェアする

フォローする