体重が減らない ! 停滞期を焦ると「痩せ期」を逃すかも

シェアする




こんにちわ、まなんです。

2018/05/18からスタートしたダイエットですが、本日は体重測定の日でした。

毎週金曜を測定日にしている私ですが、ダイエット方法としては今までの記事に書いて来たことを淡々とこなすだけ。

そして残念ながら今回は、体重の変動は見られませんでした。俗に言う「停滞期」です。

理由はちゃんと本人もわかっていますので、腐ることなくこれからもダイエットに励もうと思っています。






停滞期の後には「痩せ期」が待っている

3週間目の体重は60.8㎏でした。停滞期突入で先週と全く変わりナシ。

体重の変化
5/18:スタート時 65㎏
5/25:1週間目 61.7㎏
6/1:2週間目 60.8㎏
6/8:3週間目 60.8㎏

こう見ていくと、最初に大きく体重が減った以降はすぐに変化が緩やかになり、3週目には止まってしまったとゲンナリしてしまいそうですが、今回の停滞は、私は単に一時的なものだと思っています。

勝手に減り始めるのを焦らず待とう(逃避w)。

記録が苦手な私が簡単に食欲をなくす方法を発見。2週間で4.2㎏痩せました。お金もかけずに減量に成功した方法を教えます。

生理中は体重が減らない

実は今回は、出だしから体重の減少をあまり期待していませんでした。

生理が重なってしまったので、ホルモンの影響で水分を溜め込む分、おそらく体重は減らないだろうと予測はできていた……ものの……本当に微動だにしませんでしたねw。

生理中はプロゲステロンという女性ホルモンが活発になるおかげで、水分をため込みやすい体になっており、どうしても体重が落ちにくい時期になります。

「痩せない」と焦ってしまうとストレスも溜まりますよね。このタイミングでダイエットを放棄してしまう方も多いのではないでしょうか。

私も昔はよく、生理中に体重が減らないストレスで暴飲暴食に走ってしまったりしていました。

ですが、これは一時的な女性ホルモンの影響でむくんでいるだけで、太ったわけではないので気にする必要はないそう。

いつも通り過ごして憂鬱な生理をやり過ごせばいいだけなんですね。

「痩せ期到来」終わらない停滞期はない

生理中の停滞期を乗り切れば、「痩せ期」が待っているようです。

ダイエットに最も適しているのは、エストロゲンの量が増えてくる生理の終わり頃から約2週間の間

逆に、生理の始まる約1週間前から生理中の約7日間というのが痩せにくい時期になります。

……ということは、来週と再来週で、停滞期を抜け出した私の体重はグンと落ちるという計算になるではありませんか。

これから先のことを予測で書いているので完全に予定は未定ですが、もしもその通りになったらテンション上がっちゃいます。

食べることを楽しむ日があってもいい

ところで、昨日の記事にも書いたのですが、私たち夫婦は1泊で旦那の実家へ遊びに行ってきました。

旦那のお父さん、実家の父親ともに、父の日スイーツを小樽「ルタオ」で購入しました。観光客気分で撮った写真も掲載。通販でも人気のドゥーブルフロマージュもチェックしてね♪

やはり、そういったイベントがあった時は、どうしても移動中の食事が炭水化物中心になってしまったり、周りの人と同じものを食べなければいけなかったり、自分ペースでのダイエットが少し難しい状況になってしまいます。

予定では、「痩せ期」突入で、摂取したものたちはすべて帳消しになるハズなのですが、そういったダイエット中の、自分の思い通りに行動できない日に関しても、「たまに息抜きができる日」だと考えて、食べることを楽しむことも大切だなぁと感じました。

ダイエット茶という手段

最近水を大量に飲んでいるのですが、そんな時こそ、ペットボトルに作って持って行けるダイエット茶なんかが役に立つのかなぁなんて思いました。

果糖の吸収抑制と血糖値の上昇抑制効果 ! 「血糖値管理ダイエット」には心強い見方になりそうだし、1包あたり16円なら試す価値アリかもです……。

今なら90%OFF !! >>昨年雑誌グリッター掲載、@cosme1位受賞で大人気 ! 特許製法「W発酵茶」でスッキリ&ブロックの【重ね発酵ハーブ茶】公式HP

まとめ

今回の結果報告は、変化ナシというボヤけた感じになってしまいましたが、今後2週間の、「痩せ期」に期待しつつ、今までのダイエット法を継続していこうと思います。

早く、ゆるキャラのようなオモシロ体型から卒業したいと思っている今日この頃……諦めずに頑張ってよかったと思いたーい !