【見た目で判断するあなたへ】カラクリがわかっていても美女に大金を貢いでしまう ? 「外見の魅力」について

美女

刑事裁判が行われる前に、七十四人の男性被告の身体的魅力を評価しておきました。そして、後で研究者がこれらの裁判の判決記録を調べたところ、ハンサムな男性の方が、ずっと軽い判決を言い渡されていることがわかりました。実際、外見的に魅力のある被告で刑務所に入れられたのは、そうでない被告の半数しかいませんでした。

引用:影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか




見た目で判断してしまうのが人間のサガ

たまったもんじゃぁないなんて思いながらも、実際私も以前TVで取り上げられていた、アメリカの「イケメン過ぎる犯罪者」について、彼についてもっと知りたいと再度webで検索したことがありましたw。

これは影響力の武器のひとつである『好意』にカテゴライズされる“外見の魅力”からの抜粋。

人は見た目が100%なんてドラマがありましたけど(実は見てないw)、人ってこんなに外見で判断してしまうものなんですね……では真相に迫ってみましょうか。

見た目で採点アプリ

以前私は「ディープルックス」という外見を点数化して評価するというアプリの記事を書きました。

悲しいかな、それなりに精魂込めて書いた記事より、内容のさほどない短~いこの記事が一番読まれています。

※追記したので現在は結構なボリュームになってます

【写真有】ブス度がわかる!? 『ディープルックス』で恐怖の顔面偏差値診断した結果
「美人度評価アプリ『ディープルックス』」の使い方を画像付きで解説します。怖いもの見たさで私も顔面の評価をしてもらいましたよ〜超簡単♪2018/08/05「リアルに」顔面偏差値上げる方法を追記しました !

人が外見をどれだけ気にしているかがわかりますね。

研究で明らかになっている「あかんヤツ」

心理学をわかりやすく解説したこの影響力の武器にも、いかに人が見た目での判断に頼っているかが書かれていますが、結構「あかんヤツ」ありますw。

  • 外見の魅力的な候補者はそうでない候補者の2・5倍もの票を獲得する
  • 外見的魅力のある労働者は、そうでない労働者に比べ、平均で12~14%の高い給料を受け取っている
  • 教師は外見の良い子供の方がそうでない子供より知的であると考えている

ざっと抽出しただけでもかなりインパクトありますよね……。

※全て研究で明らかになっているそう

これ無意識にやっちゃうって言うんだから、もう私のダイエットだって成功するか否かが死活問題に発展する可能性だってあります。

見た目が良かったら高時給の仕事にありつけるかもしれませんからね。( ´З`)=3 ゲップ

※ちゃんと継続中です

私は人を見た目で判断していました

見た目で判断されるのは、なにも恋愛だとか異性間だけの問題だけではないんです。研究によると高待遇や援助の対象になるのは同性同士であっても認められているそう。

私たちは、外見の良い人に対して才能、親切心、誠実さ、知性と言った望ましい特徴を持っていると自動的に考えてしまう傾向があるらしいんですって。

あぁ……そういえば私も美しい女性のために大金を支払った経験があるわ。

case3:補正下着を80万円で買った話

影響力の武器あるあるcase1

影響力の武器あるあるcase2

それは私が20代半ばくらいのときに友達経由で知り合った、それはそれは美しい補正下着屋の副店長の話。あ、やばい。もう話みえました ? W

私は長いこと水商売をやってたんですが、現役ホステスから見ても彼女はとても美しく話術もパーフェクツでした。

話のはこびかた、いつも元気でポジティブな感じ、最重要ポイント→リアクションのよさとか……もう私は全てにおいて惚れてしまいました。

加えて元鉄工所勤務でマッチョな肉体労働者だった過去を持ち、なおかつ整形美女ときたもんだ。クセの強すぎるバックグラウンドこの上ナスです。

このまま夜の世界に飛び込めば、ジャンジャンお金が入ってくるだろうにと思いました。

そしてプロデュース欲でも出たんでしょうか。いざ80万円の補正下着セットの話を持ちかけられたときも、「あなたへの投資だと思っているから面倒な説明はいらない」みたいな謎の女社長みたいなセリフを吐いて、一括でバーンと買ったんです私。

消えた補正下着屋

なにが投資やねん。

1年後にその補正下着屋の詐欺まがいな商法へ客からクレームが殺到したようで、サクッと消えました。その店も副店長もw。

当時、その補正下着屋はススキノ嬢のなかでわりと流行っていて、もれなく私もターゲットのひとりだったというわけなのですが、とっかかりの「見た目での判断」で、才能、親切心、誠実さ、知性溢れる人間なのだと自動的に思い込んでしまったというのも事実あったのかもしれません。

会った瞬間に「この人と絡んでおけば絶対に今後得をする」キラリーン、となりましたが、同じく多くの女性たちも、その店の店員と仲良くなりたいがために高額な補正下着を購入していたようです。

「たこ焼きパーティー」などの《店員との交流会》なども定期的に開催していた、なんてTVで報道されてた記憶がありますわw。

だまされたっていい…… ?

さらに不思議なのは、副店長は私の友達の先輩だったのですが、私は補正下着購入前に、友達にちゃんと確認してるんです。

「バックあるから紹介したんでしょ」と。

カラクリがわかっているにもかかわらず大金を出させる美女の魔力よ……キャバクラ通いをする男性の気持ちもわからんではないな、なんつって。

多分ただの金の無駄です。

おわりに

何人かの犯罪学者が主張するように、醜い受刑者には通常の更生プログラムのような金のかかる方法はやめ、代わりに形成外科の手術を受けさせた方が効果があるー手術は少なくとも同じ程度の効果はあるようだし費用が圧倒的に安いーと思うかもしれない。

ー 中略 ー

醜い犯罪者を魅力的にすることは、彼らの再犯率ではなく、刑務所に送られる確率を低くしているのかもしれないのである。

引用:影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか