「こんにちは」と「こんにちわ」どっちを使うかは自分で決めていいと思った話

こんにちは

こんにちわ、まなんです。

記事を見直したりしていると、冒頭文最初の「こんにちわ」が「こんにちは」になったりしているものを発見したりします。

なのでもう、今は辞書登録で「こんにちわ、まなんです。」と入れてしまっているのですが、本当は、この「こんにちわ」って間違いなんですよねw。

まぁ私は間違いではないと思っているので、今日はそんなところを書いていきたいと思います。




こんにちは/こんにちわ論争

結構日本語って、その時代や環境によって様々に変化していってると思うんですが、以外と「こんにちは/こんにちわ論争」繰り広げられてたんですね……。

挙げ句の果てに『こんにちわ撲滅委員会』なるものの存在(現在の存在は確認できませんでしたw)まで発見した私はガクガクブルブルとなりましたよ。

私は言語学者や国語教師ではないので、その討論の重要性はあまり理解ができませんが、頭のいい人にとってはもしかしたら『許せないこと』なのかもしれません。

一瞬『ブログ』も、「多くの人が目にする可能性が高いものなのだから、正しいとされている日本語を使わなくっちゃいけないんじゃないの ?」 なんて思ったり思わなかったりしましたが、結局のところブログって(私の場合は)、「話し言葉」と「文章」ごちゃ混ぜに使ってしまっているので、「口語形」でいいんじゃないの ? むしろどっちでも……という結論にソッコーでなりましたw。

基本的には「こんにちわ」は話し言葉である『口語形』、そして「こんにちは」は『文語形』です。

『こんにちは』が正しいのにはワケがある

ちょっとここで改めて、正しい方の「こんにちは」について考えてみたいと思います。

「こんにちは」の“は”=【今日】という名詞と、後に続くなんらかの動詞をつなぐ助詞です。

なので、もともと助詞には《》が存在しないし、本来の『今日は』という言葉があるんだから、「こんにちはで行けよ」ってことなんです。

……でももうすでに、助詞とかどうとかって関係ない独立した言葉になっている気がしませんか ?

「こんにちは、まなんです。」に変わっても、特に“は”の効力を感じないというかw。

本来の「今日は(こんにちは)」の使い方

本来の「こんにちは」の使い方はこんな感じです。

「今日はご機嫌いかが」

「今日はお天気が宜しいようで」

こういう感じが長ったらしいから短縮して「こんにちは」になったんですね。

でも現代の使い方を考えてみると「今日は」自体と、“は”以降の文章は、“は”でつなぐ必要がまったくない気がします。

「こんにち、まなんです。」

んじゃ明日はなんなんだ。

完全に、“は”ってすでに助詞の意味を持っていませんよね。

“は”って何回言うんだw。

なぜ『こんにちわ』化が進んだのか

この「こんにちは こんにちわ論争」、若者たちが普段『ちわっす』『こんちわ』なんて言葉を使いだしてから、「こんにちは」自体も徐々に「こんにち“わ”」化してしまったらしいのですが、使う人が増えればいずれ一般化するでしょうし、やっぱりどっちでもいいって思います。

私の場合はただ単に「こんにちわ」の方が字のカタマリとして好きだからw。

「こんにちは」でも「こんにちわ」でも……好きな方を使いましょうって感じです。

おわりに

ふと気になり調べたのですが、『こんにちわ撲滅委員会』があまりにキョーレツだったのでちょっと意見を述べてみましたw。

ビジネスメールとか、キッチリしているものについては一応不安があったら調べて正しいとされるものを採用すべきだと思いますが、普段はそんな……ね。

むしろ私なんかですと、結構インスピレーションで自分だけの『造語』的なものつくりがちですからw、これからも「なんとなく伝わるでしょ」という表現で自由にやっていきたいと思います∠( ゚д゚)/。