【スパイスやばい!】カレーを食べて、メンヘラと肥満に無縁の人生を

カレー

こんにちわ、まなんです。

突然ですが、ウチには使わないくせに無駄に「グレービーボート」(カレールウの入れ物的な銀色のヤツ)があります。突然すぎますねw。

先日我が家は引越しをしたので、それを機にフリマで断捨離しちゃおうかな、なんて思っていました。

なのですが、その矢先に「カレーに使われているスパイスには『悪い思い出を消してくれて、なおかつ痩せる』効果があるという情報を知ってしまったために、とりあえず新居に「グレービーボート」を連れてきましたよ。

もうカレーを作らずにいられませんよねw。




カレーは後片付けが厄介だ。されどスパイスが有能すぎる

グレービーボート

※私が写り込んでいるのでモザイクを施したグレービーボート

最近私は料理をするのが嫌で、洗い物も嫌で、なるべく調理器具を汚さないものばかり作りがちだったんです。

カレーなんて論外ですよねw。

ですが、私はスパイス系が大好きなものですから、やはりカレーってたまに食べたくなっちゃうんですよ。

その上効能も優秀とわかった以上、もう腹を括るしかないですよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

というわけで、今回は特に『クミン』『ターメリック』が優秀だと感じたので、これから皆さんにも紹介していきますね。

カレーのスパイス「クミン」には痩せる効果がある

クミン

※画像はクミンシード。パウダー状のものが使いやすい

私は20代前半のころ、彼氏や友人らと海の家をやっていたことがあったのですが、そこで「スープカリー」を出していたりしたんですよね。

あ、料理は嫌いですが、意外と作るのは得意ですw。

で、研究しているうちに、入れるスパイスの自分の好みとかもわかってくるんですが、私はクミンとコリアンダーは「入れ過ぎ」くらいが好きでした(スパイスの過剰摂取は危険なので適量をw)。

そして今回調べたところ、クミンにはなんと……「痩せる」効果があることが研究でわかっているらしいんです!

ちなみにスープカリーにハマっていたことと関係あるか否かは不明ですが、当時の私はとりあえず痩せていましたよ……。

無残な写真満載ですが、画像付き関連記事を貼っておきますw。

クミンには高い「脂肪燃焼効果」がある

イランの大学の研究なのですが、とても興味深い結果が報告されています。

肥満女性88人を2グループに分け、両グループともに500kcaの食事制限を設け、1つのグループには小さじ1杯分のクミン入りヨーグルト(約142g)を毎日食べてもらい、もう一方のグループにはクミンなしヨーグルトを毎日同量食べてもらいました。

実験を3ヶ月間続けた結果、クミンなしヨーグルトを食べたグループは平均4.5kgの減量だったのに対し、クミン入りヨーグルトを食べたグループは平均5.9kgも減量に成功したそうな。

さらに驚くべきは体脂肪率!

クミン入りのグループは体脂肪率が14.64%減、クミンなしのグループは、なんと4.91%でした。

クミンには高い『脂肪燃焼効果』があるんですね~!

ヨーグルトにクミンはやめておいた方が無難

ちなみにヨーグルト……やってみましたが……クソ不味いですw。

完全に私の好みですが、ひき肉をニンニクと塩胡椒とクミン、お好みでチリペッパーを加えて炒め、モリモリレタスの上に乗せて、サラダにして食すのがオススメですよ。

カレーの黄色い色はターメリック(ウコン)の色

ウコン

次はターメリックです。

日本では「ウコン」として知られていますよね。

肝臓を守るということで飲み会の前にウコンドリンクなどを飲む方もいると思いますが、カレーの黄色い色は、このウコンの色なんです。

あまり入れ過ぎると土臭い感じがするので、私はターメリックはほどほどに入れてますよ。

ターメリックの成分クルクミンが悪い思い出を消す

ターメリックについては、ニューヨーク市立大学の心理学者らが調査研究を行いました。

その結果、ターメリックの成分であるクルクミンに、「悪い思い出を消す効果がある」らしいということが判明。

研究チームは、恐怖の記憶によって心理的な障害に苦しんでいる人々に対する治療に役立つのではないかと注目しています。

クルクミンはアルツハイマーやうつ病、不安、心的外傷後ストレス障害などに効果があると言われていますが、アメリカのがん協会によると、クルクミンにはがん細胞を殺す作用もあるそうです。

ターメリックは「Life of Spice(命のスパイス)」と呼ばれているくらい。

有能すぎますね……意識的に取り入れていきましょう。

カレー大国インド、肥満が多いのはナゼ?

しかし、カレー大国であるインドの人たちは意外にも肥満体の方が多いといいます。

これは、主にインドの人々が炭水化物と油メインの食事を取っているせい。

その辺も踏まえた上で、私のようにダイエット中の方は、鶏胸肉ゴロゴロのカレー(ルウだけ)とかにしておいたほうが無難かもしれないですね。

ちなみにカレールウだけ食べるって、なんだか逆に体に悪そうって思うかもしれないですが、具沢山で栄養価の高いカレールウにすれば、ご飯がなくても十分満足できますよ♪

市販のルウカレーを食すときは糖質に気をつけて

我が家は圧力鍋で調理するので、乾燥大豆を戻して、たくさんの大豆と、業務用スーパー産冷凍ブロッコリー&鶏モモ(旦那はモモが好みなので)をどっさり入れたカレーが定番です。

カレーを作るときは、市販のルウにスパイスを追加して作りますが、あまりルウはたっぷり濃いめにはせず、具をメインに、調味料を追加して味を調整しています。

市販のカレールウは、味付け自体がかなり甘いですよね(辛口でも甘みは結構感じます)。それに、とろみもついてるので炭水化物はルウだけで十分な気がしますので、糖質制限中の方は注意してくださいね。

おわりに

クミンもターメリックもそうですが、市販のルウは日本人向けの味付けなので、スパイスの含有量が少ないと感じる方もいると思います。

野菜や肉を炒める段階で、スパイスを追加してあげるといい感じに馴染むと思いますよ。

ちなみに私は肉を塩胡椒でジュージューしつつ、焼けてきたら油にニンニク生姜を投入して、スパイス+炒めておいた玉ねぎ追加→大豆水煮に投入って感じでやってます。適当。

ちなみにその段階でつまみ食いする肉がやたらうまいw!

皆さんも、是非とも私と一緒に、「カレー」を食べて、心身ともに健康になりませんか?ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ